2009/05
31

思いやりに満ちた社会へ②

Posted on 2009 年 5 月 31 日 by omi

「この国は、なんでこんなに冷たい世の中になってしまったのだろう」

今朝の某局の報道番組でのコメンテーターの一言だ。

日本の教育についてふれた部分。

欧米では、教育は、国がするものという意識が強いそうだ。 子育てに係る費用、児童手当の額も日本の2〜3倍程度という。

この国はどうだろうか? 教育は親がするもの。 子育ては、親の自己責任。 「みんなで子どもを育てる」という考えはあるだろうか?

dsc_0315

そして一方でこの国は、莫大な借金を次の世代を担う 子どもたちに残そうとしている。

自分を育ててくれた親個人の借金ならともかく、 そのことへの意識を持たなかった「みんな」が作った借金の 負担を背負わすことになる。

果たして、次代を担う子どもは未来に夢や希望が 持てているのだろうか?

このままのこの国の価値観で本当に良いのだろうか?

いま、我々大人にできることって、 なんだろう?

しなければならないことって、なんだろう?