2011年2 月の記事一覧

2011/02
26

ニッポンというタイタニック号

Posted on 2011 年 2 月 26 日 by admin

こんな話を作ってみました。

「ニッポンというタイタニック号」

タイタニック号の前方には大きな氷山があります。
それに気づいた船員は大きく舵を取ろうと必死ですが、
船が大きすぎて、なかなか進路が変りません。
操舵室はパニック状態です。

一方、この夜も大ホールでは、優雅なパーティーが
開かれています。オシャレな服を着て、ご馳走を
前にみんな楽しそうです。

危機感を募った
船員Aは、衝突の衝撃を軽減させようと、船首に
スポンジを巻き始めました。

また船員Bは、大ホールに出向き、乗客に呼びかけますが
回りの音がうるさすぎるのと、みんな冗談だと
思って誰も真剣に聞いてくれません。
そこで船員Bは、衝突して沈没することを想定し、
救命いかだや救命ボートの用意をすることを始めました。
船員Bは仲間の船員に言いました。
「衝突を食い止めるのはもう無理だ。
いまやらなければならないことは海に投げ出される
多くの人たちを救う準備だ。
救出する準備をいまから始めよう!」

10年、20年かかって行う新たな価値感の醸成。
そしてもうひとつ、やらなければならないことは、
たくさんの救命ボートをここ十勝はじめ、地方の
農山漁村につくることなのだろうと思う。

中央集権的な枠組みはもう限界にきている。
なのに加速を始めたタイタニック号。

都市と農山漁村の新たな関係構築に向け、
都市と農山漁村の直接対話がきっとはじまる。

その中で農村への人の流れも生まれることに
なるはずだ。

100年後の歴史の教科書にどんな風に記述される
のだろう?これからの10年は。

2011/02
26

新たな決意。

Posted on by admin

こんにちは、近江正隆です。
ブログを閉めると前回お伝えし、自分の活動に
区切りをつけようと思っていたのですが、多くの方から
続けてほしい!とメールを頂きました。

こんなに多くの方がこのブログを見てくれていたのか。。。
信じられなかったと同時に、うれしくて涙が出てきました。

ここ数ヶ月、壊れることを防ぎたい!
でも立ちはだかる既存の価値観と仕組みに
ひとりで戦車の前に立つような気概で急ぎ足で
行動してきましたが、ひとつ大きく深呼吸をしてみました。
そしていま一度、新たな決意で前に進もうと心に決めました。

皆様には心配を掛けてしまい、ごめんなさい。

 

10年、20年はきっとかかるんだろうと思います。
新たな価値感の創造には。。。
でもここから始めないと根本の解決にはきっとならない。

本質を心から語れる社会の構築。
上辺の現象に左右されず本質を大事とする価値観の構築。
そんな仕組みつくりに僕は多くの人に支えられ、助けられ
てきたこの人生をかけたい!
この命はもう僕だけのものではないんだ。
そうあらためて思いました。

いつか集まって、話をしてみたいです!
子どもたちの未来のために、子どもたちが夢と希望を抱ける
社会に向けて、このブログを読んでくれている皆さんと。