2009/05
18

グリーンツーリヅムをとらえ直す。

Posted on 2009 年 5 月 18 日 by omi

ファームイン・体験農場・ファームレストラン・農産物の直売所など。 「グリーンツーリズム」と言われる活動は従来の観光と違う価値観を 発信してきた。

その「グリーンツーリズム」が持つ様々な機能に着目しながら、新たな 視点からとられ直すために、「北海道グリーンツーリズムステップアップ 懇話会」が開かれ、新たな提言が提出された。

提言資料①

提言資料①

その中でグリーンツーリズムが持つ「農都共生促進機能」の事例として なんと「うらほろスタイル」が取り上げられた。

大変光栄なことだ。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kkd/konwakai.htm

農山漁村が自らの地域、資源、魅力、価値を再発見し、 自信を誇りを培った中で、そのことを都市部に発信する。 都市は都市としての役割があり、農山漁村は農山漁村の 役割があり、異なる存在である。そしてお互いの役割を 認めた中で互いの足りないものを補っていく「相互補完」 の精神、思いやりの心の醸成を通じ、信頼関係を構築する こと。それが、「うらほろスタイル」のコンセプトであり、 いま、浦幌という農山漁村でひとつのモデルを作ろうと しているところだ。

ゆくゆくは、全国展開したい!
その想いはこの活動を支持してくれている外部の方にも 多くいる。

ぜひ、これを機に北海道が進める「グリーンツーリズム」の 新たな流れとも連携できたら、ありがたい!

e382b0e383aae383bce383b3e38384e383bce383aae382bae383a02

2009/05
18

十勝おやじの背中を超える会①

Posted on by omi

にっぽんの食料自給率はご存知の通り、40%。

東京、1%。大阪、2%。

でもここ十勝は、1100%を誇る。

そして十勝は、小麦、大豆、でんぷん、砂糖など この国の食生活に欠かせない原料作物の一大産地だ。 まさにこの国の「食料基地」。
その価値と魅力を内外に発信し、都市と農山漁村の 信頼関係を築くため、十勝の若手農業者が立ち上がった!

組織名は「十勝おやじの背中を超える会」

現在メンバーは約30名。

芽室町にて撮影

芽室町にて撮影

私もオブザーバーとして参加しているが、メンバーの想いの 強さには、いつも感動している。

この仲間とは、なにかできるかもしれない!そう思う毎日です。

活動の趣旨は、いまの十勝を発信すること。 若者の活動というと、どうしても上の世代の批判という雰囲気に なりそうだが、今回は違う。

「尊敬する親父の魅力と価値をきちんと認めた中で、その親父を 超えたい!」という熱い想いが根本だ。

会には、5つの決めごとがある。

  1. 食料基地「とかち」に誇りを持つこと。
  2. みんなのための活動をすること。
  3. メンバー個人の利益を追求しないこと。
  4. 他人の批判や否定はしないこと。
  5. 親を敬い、家族を大切にすること。
梶代表(中央)黒田副代表(右)竹中副代表(左)とかちプラザにて

梶代表(中央)黒田副代表(右)竹中副代表(左)

会議風景

会議風景

メンバーは、十勝管内の帯広市、芽室町、音更町、士幌町、 更別村など広域にわたり、今後はとかち全域に広がりそうだ。

第一弾として開発した「とかちファーマーズギフト」

第一弾として開発した「とかちファーマーズギフト」

メッセージが入った作成したパンフレット

メッセージが入った作成したパンフレット

みなさん!暖かく見守ってくださいね!

2009/05
6

漁師になろう!を応援します。

Posted on 2009 年 5 月 6 日 by omi

連休中は暖かい十勝です。前回は「雪」の話だったのに。。。。 大自然の恵み「天然山菜行者にんにく」の美味しい季節になりました!

今日の晩は、家族みんなで焼き肉パーティーです。 主役は「じんぎすかん」と「行者にんにく」!!

今日は、お知らせをひとつ。
水産庁などが運営する「全国漁業就業者確保育成センター」が呼びかけて結成した「ザ・漁師’s」っていうチームがあります。昨年結成され、全国から集まった10名の漁師が現在のメンバーだそうですが、今年その組織の「応援隊」に任命されました。大変光栄でうれしい限りです!!

そして以下が、このチームの活動宣言です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜「ザ・漁師’s」活動宣言〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私たちは、人口の減少や高齢化が進む漁村や漁業の将来が心配です。

私たちは、明日の漁村と漁業のために新しいアクションを起こします。

私たちは、まず仲間とともに充実した漁村での暮らし、いきがいを感じる漁業の魅力を多くの人に伝えていくことから始めます。漁村のくらしや漁業は本当にすばらしい。新しい仲間が漁村や漁業に加われるように願っています。

私たちは、漁村と漁業からのメッセージを伝える「漁業メッセンジャー」としての「ザ・漁師’s」として活動を行うことをここに宣言します。

ここで出会う人たちと面白い発信ができそう!そんな予感がしています。

5/23に名古屋で行われる「漁業就業支援フェア」に参加することになりました。前日からの「メディアキャラバン」と「ブース」での対応をさせていただきます!興味のある方はぜひお越しください。

なお、8/8には大阪に行きます!職業としての漁業。命がけの決して生易しいものではありませんが、「生きている!」ことを感じられる感覚はそれだけで十分な魅力。いままでと違った価値観があなたの人生を大きく変えることだと思います。

e6bc81e5b8abjp

漁師になりたい!漁師の生活の様子を聞きたい!そんな問い合わせは毎年ありますが、こういうフェアが全国規模で開催され、そして、私も呼んでいただけることが、ただただ、うれしいです!!

2009/04
29

若者に伝えたい!

Posted on 2009 年 4 月 29 日 by omi

季節外れの大雪となった「十勝」。。。 早々と夏タイヤに履き替えてしまったので、  雪道運転、大変でした。。。。

さて、今日の書き込みは先月東京で開催された 「オーライ!ニッポン会議」の全国大会のことです。

「オーライ!」は、「往来」。そして、「All right」 が語源だそうで、都市と農山漁村が相互に行き来することが 大切!という国のプロジェクト会議でした。

冒頭には、石破大臣や私の心の師匠!養老孟司氏が挨拶。

オーライ!ニッポン会議全国大会

オーライ!ニッポン会議全国大会

私は事例発表とパネルDに出演しました。

オーライ!ニッポン会議全国大会

オーライ!ニッポン会議全国大会

今年のテーマは、都会の若者を農山漁村へ! 派遣切りや職を失うことが問題化している都会から田舎へ 新たな人の流れを作りたい!という国の思惑も見え隠れしておりました。

会場には、大学生や若手社会人も多数参加。

オーライ!ニッポン会議全国大会

オーライ!ニッポン会議全国大会

農山漁村地域で様々な活動をしている発表者の話を 真剣な顔で聞いていました。

東京目黒生まれの私が東京在住の若者に伝えたいこと。 それは、とても、いただいた時間内ではお話しきれませんでしたが、 都市には都市の良さがあり、農山漁村には農山漁村の良さがある。

そして互いに異なった役割があり、異なった存在である。 そのことを認識し合い、互いを認め合い、互いの足りないものを 補いあう、そんな相互補完の関係を都市と農山漁村の間に構築する ことが、この国の未来に必要だといつもと同じく(苦笑)熱く語ってきました。

オーライ!ニッポン会議全国大会

オーライ!ニッポン会議全国大会

最近、食について考えることが今まで以上に増えてきています。 それは、私も皆さんもきっと同じではないでしょうか? このところ、仕事やこのような講演などでよく東京に行きますが、 渋谷や新宿の繁華街を歩いていると、この国の食料自給率が40% などとは、到底考えられません。。。

自給率の計算方法には、少し疑問を持っておりますが、間違いなく 言えるのは、カロリーベースで自国の食料を自給できていないと いうことです。 食の安心安全がよく叫ばれますが、この国は、安心安全以前に 国内の生産品だけでは餓死してしまうのが現実です。。。

食べ物があふれている都会。 お金を出せば、何でも手に入る世の中。  私もインターネットを生活の糧にしてますが、 インターネットを使えば、都会にいてもなんの疑いもなく 日本中の食材が便利に手軽に手に入る世の中は、 このままの方向性で進んでよいのだろうか?

今回の「オーライ!ニッポン会議全国大会」のコンセプトを考えたら、 また、農山漁村の振興を考える多くの人たちの意見は、農山漁村に 都会的なセンスを入れることが大事!ということであり、都会の目線で 農山漁村を元気にする!ということ。
東京生まれで漁師のみんなから多くのことを学んだ私としては、 都会的センスの重要性も分からないでもないけど、 それ以上に、田舎の論理を都会が学ぶこと、田舎の良さ認める 心の教育が重要であり、これからは、都会が農山漁村に助けられる! というのが、本当のような気がしてならない。
都会が上から目線で農山漁村を見るのでなく、 もちろん、命の糧を生産する農山漁村が都会に対し 逆に上から目線になるのでもなく。 互いを心の底から尊重し合い、互いの足りないものを 補っていくことがやっぱり、一番気持ちいい世の中では ないかと思うこのごろでした。

2009/04
22

熱く語ってきました!〜ラジオ収録

Posted on 2009 年 4 月 22 日 by omi

みなさん、こんにちは。 いま、東京に来ています! 北海道に移り住んで19年。 このところ、頻繁に上京しております。 今回は色んな用事があったのですが、 昨日は、ラジオの収録でした。 想いを語らせてもらえる! 大変光栄で貴重な体験でした。 J-WAVE 81.3FM  番組名は 「TOKYO SMART DRIVER SHARE SMILE」

女優のkikiさんと脚本家の小山薫堂さんが 進行役でした。

J-WAVE

J-WAVE

都会と田舎、つまり都市と農山漁村をつなぐ活動の話をしました。

J-WAVE

J-WAVE

都市には都市の役割、価値、魅力があり、 農山漁村には農山漁村の役割、価値、魅力がある。 互いを認め合い、足りないものを補い合う関係が できたら、この国はもっとハッピーになるはず!

J-WAVE

J-WAVE

小山さんと言えば、あの「おくりびと」の脚本家。 「とかち」「おびひろ」には、思い入れがあるとこのこと。 これから始まる「十勝おやじの背中を超える会」の活動にも 興味を持たれた様子でした! 小山さんにも、「本書いたら?」って言われた。 最近よく言われるなあ〜。 だれか!書いてくれないかな〜。。。

J-WAVE

J-WAVE

放送は 6月1日月曜~5日金曜 午後9時50分~午後10時 だそうです! ただ、北海道は聞けない。。。首都圏限定です!!

お声かけいただいた ディレクターの曽我さん! 貴重な体験をどうもありがとう!

番組HPはこちら>>> http://www.j-wave.co.jp/original/sharesmile/