2009/11
1

中学生が実施するアンケートにご協力ください。

Posted on 2009 年 11 月 1 日 by omi

e38186e38289e381a1e38285e38186efbc92

e38186e38289e381a1e38285e38186efbc93

今年の浦幌中学校3年生の授業も昨年とおなじ「起業!」

町内の魅力に触れ、また知識を得た中で、町が元気になり
町の資源となる新しい仕事を作るべく、子どもたちは
今年も奮闘している。

そんな子ども達が進める過程の中で、アンケートをとるらしい。
以下にそのページを記載しております!

皆様のご協力をお願いいたします。

http://urajhs.taka-kage.com/

そしてなんと、今年は、東京の大学生もこの取組みに協力して
くれている!

img_0001

明治大学に先日伺い、色々と打ち合わせをしてきた。
水野教授、そしてメンバーのみんなに浦幌町民として
感謝したい!

次年度には、浦幌に高校がなくなる。。。。
浦幌出身の高校と連携した活動、そして広報への投稿など、
NPOと連携した取組みをいくつかご提案いただいた。

ほんと、ありがたい。

 

2009/10
31

最後の交流会、そしてこれから。

Posted on 2009 年 10 月 31 日 by omi

e38197e38197e38283e38282e4bc9a2009

10月24日、東京下北沢の居酒屋「八分目」で
私が生産者としての最後の「交流食事会」を
開催させていただきました。

「旬の逸品やさん」でお世話になった参加者の方に
「ちゃんちゃん焼き」を振る舞わせていただきました!

「美味しかった!」を聞けるのは、生産者としての
最高の瞬間。

これからは、私が聞かせてもらったその言葉を
多くの生産者に感じてもらうための仕組みと
活動を行っていきます!

e38186e381abefbc91

左が六本木「龍吟」の山本シェフと右が小学館「美味サライ」
の尾崎編集長。

実は、11/6発売予定のこの「美味サライ」に
「地域活性プロデューサー」として大きく取り上げてもらっている。

私がサポートしている「ちりっぷ漁協」そして「おやせな」も
大きく登場している。

ちなみに、「おやせな」は目次ページをドカーン!と飾り、
「ちりっぷ」産のうにが、表紙を飾っている!
その表紙の撮影の現場があの人気店「龍吟」さん。
私もその現場にいさせてもらった。

「近江くんを応援したい!」
そう言ってくださった尾崎さんの気持ちに応えるためにも、

私を信じてついてきてくれている「おやせな」のメンバーのためにも、

ありがとう!と言ってくれている「ちりっぷ」の漁師さんのためにも

こんな美味しい「うに」初めてだ!と言ってくれている山本シェフはじめ
多くの料理人のためにも

そして、いままで支えてくれた「旬の逸品やさん」のお客さんはじめ
多くの消費者の皆さんのためにも

生産者と消費者のつなぎ役として、これから今まで得た
「気づき」をもとに、精一杯、発信していきたい!

2009/10
10

浦幌小学校の授業をお手伝い。

Posted on 2009 年 10 月 10 日 by omi

e69599e882b2efbc91

地元、浦幌町の小学校の授業の手伝いをしました。
ちなみに、昨年に続き、今年もPTA会長だったりもします。。。

秋晴れの中、浦幌町の魅力のひとつ「留真温泉」で
地域の魅力、昔生活を体験する授業が浦幌小学校4年生を
対象に行われました。

担任の西田智美先生は、地域の子どもたちに
地域の良さを伝えることを大事に考えてくれている先生で
「うらほろスタイル教育PJ」のメンバーでもあります。

昨年も、バスツアーや昔体験などで授業のサポートさせて
いただきました。

e69599e882b2efbc92

写真は、昔体験をサポートしてくれた
町内在住の林中さん。
火起こし体験を子ども達に。

e69599e882b2efbc93

煙が!すごい!!
子どもたちは、真剣です!

e69599e882b2efbc94

学校の先生と授業をサポートするために、
山岸さん、森田さん、教育委員会の高橋さんも
駆けつけてくれました!

「子どもたちに!」
その言葉が合い言葉!

e69599e882b2efbc95

昼食は、浦幌の特産品を使ったお弁当。

e69599e882b2efbc96

ししゃもの天ぷら、浦幌和牛のフライなど。

実は、このメニューは昨年の浦幌中学校3年生が
考えたものです!

子どもたちのアイデアを大人たちの手で!

この動きは、浦幌で少しずつ始まっている
新しい動き。

e79c8be69dbfefbc92

この看板は、新しくできた「うらほろ道の駅」のもの。
キャラクターで採用されたのは、同じく昨年の中3が
考えたキャラクター「うらは」「ほろま」。
観光協会、商工会、役場を中心とした大人たちの
行動で、こうしてひとつずつ形になっている!

先日、久門教育長から「ありがとう!」と言われた。
なんでも、学力テストの一環で行われたアンケートの
結果で浦幌の子どもたちの「愛郷心」が他地域よりも
かなり高いらしい。

いま始まっているこの活動の成果は、すぐには
表に出てこない。。。
でも、この子たちが、大人になった10年、20年後が
楽しみだ!

今よりも、素敵な町「うらほろ」がきっと大きく輝いているだろう!

2009/09
15

最後の漁師の本ししゃも。

Posted on 2009 年 9 月 15 日 by omi

東京生まれの私が漁師になり、そして始めたネットショップ
「旬の逸品やさん」
数々のTVや雑誌に取り上げらた「漁師の本ししゃも」。

e38197e38197e38283e38282efbc91

e38197e38197e38283e38282efbc92


あの三國シェフも、服部先生も絶賛してくれた自信作ですが、

迷いました。
今年で販売を最後にするべきか、どうか?

今年のはじめにお客さんにメルマガで相談しました。
「私は漁師をやめることになります。」
「旬の逸品やさんを続けるべきかどうか?」
いろんな意見をいただきましたが、
このお店、そしてイチオシ商品「漁師の本ししゃも」は
お客さんが大事にしてくれて、育ててもらったもの。
お客さんに皆さんに意見を伺いたかったんです。

東京生まれの私が北海道に移り住み、まもなく20年。
そして、漁師をはじめ、水産加工をはじめ、ネット産直を
はじめ
、いまに至ります。

この20年間で、いろんなことを学びました。
皆さんや地域の漁師や農家さん、地域の方から。

この20年間で、いろんなことがありました。
転覆事故や自動車事故、怪我なども経験しました。

そして、「旬の逸品やさん」で発信をしてきました。
東京生まれの私が北海道で感じたことを私の言葉で、私の目線で。

私、来年で40歳になります。
私、勝手に人生は60年だと考えています。

最初の20年は、東京で都会人でした。
最初の20年は、消費者でした。

次の20年は、十勝で田舎人でした。
次の20年は、生産者でした。

最後の20年は、その間をつなぎたい!
最後の20年は、消費者と生産者の架け橋になりたい!

そう思っています。

dj51
写真は8/19の霞ヶ関。
十勝若手農業者「十勝おやじの背中を超える会」
と立ち上げた「にっぽん食糧供給プロジェクト」
のオープニングの様子です。

霞ヶ関でやるには、意味がありました。
当日は、農水省から15名。経産省から8名、
多くのメディアや食に興味のある方に参加いただきました。

ずっと考えてきたこと。
それは、「消費者」と「生産者」が交流する大切さ。
そして、それぞれがそれぞれを、またそれぞれのフィールドである
「都市」と「農山漁村」がお互いの役割を認めあい、
どちらが良いとか、悪いとか、どちらが上だとか、下だとか
言い合うのではなく、互いの価値をお互いに認識しあった中で
互いの足りないものを補い合っていく関係を築くことが
これからこの国にもっとも大切なこと。
そこへのビジョンを示すことが私の役割。
そう考えれば、なんで、都会っこの私が対局にある漁師になり
転覆事故でも生かされ、いまここにいるのか、納得がいく。

そんなことを考えながら、新たな一歩を踏み出します。

今まで、支えてくれた方に感謝し、いままでいただいた
「美味しかったよ!」から得た感動を今度は次代を担う
若手生産者に実感してもらうところから、始めます。

食は命の源、命の糧です。それを生産している職業は
尊い職業。もっともっと、国民みんなで大切にして
いくべき仕事です。だから、次代を担う若手生産者は
この国の宝物だと思うんです。

まずは、十勝の若手農業者集団「おやせな」
そして釧路管内漁業青年部「ちりっぷのメンバー」に
想いを伝えるところからです。

だから、私は今年で生産者は完全引退!
だから、今年で最後の「漁師の本ししゃも」。

10年分の感謝と最後に最大級の「美味しかったよ!」を
いただくために、今年は特別な「ししゃも販売」です!!

9/18(金)から販売開始です。
http://www.rakuten.co.jp/shishamo/476605/

e38197e38197e38283e38282efbc94

e38197e38197e38283e38282efbc93


こちらも最大級の「感謝の気持ち」を込めて
今月いっぱい、送料無料です!

e38197e38197e38283e38282efbc96

10年間支えてくれた皆さんに、心から感謝!

「ありがとう」

2009/09
9

にっぽん食糧供給プロジェクト始動!

Posted on 2009 年 9 月 9 日 by omi
2009年8月20日十勝毎日新聞

2009年8月20日十勝毎日新聞(クリックするとページが切り替わり、読めます)

8/19(水)東京霞ヶ関の「DJ.STONE」で
にっぽん食糧供給プロジェクトのキックオフパーティーを
開催しました!

このプロジェクトは、私が代表を務める(株)ノースプロダクションと
若手農業者集団「十勝おやじの背中を超える会」が進めていくもので
当日は、100名を超える方が応援に駆けつけてくれました!
dj01

今までお世話になった方、趣旨に賛同してくれた方、そして
農水省や経産省の方、e物産のメンバーやFOOD ACTION NIPPONの
関係者の方なども参加いただき、涙が出るほど
うれしかったです!

十勝は食糧自給率1100%を誇るにっぽんの食糧基地。

全国の畑の耕作面積の12%は十勝。
全国の小麦の生産量の25%は十勝。

この地域の発展は、住民としての十勝だけの問題ではなく、
まさにこの国の問題であると最近良く考えます。

農業、食を考えた場合、「地域活性」としての視点。
そして、安全保障を視野にいれた「国」としての視点。
両方で論じることが自給率40%のこの国には必要だと
実感しています。

今後のこのプロジェクトの動向にぜひ注目していてくださいね!

●生産者と消費者をつなぐ!
●都市と農山漁村をつなぐ!

そんな「プロデューサー」としての役割を感じたイベントでした。

 

p1020248

dj2

dj99

dj96

dj5

dj61

dj93

dj81

dj30
司会を引き受けてくれた「紙谷さん」に感謝!

dj92

dj94


dj9
農水省の高橋総合食糧局長からメッセージ
<「おやせな」を日本のトップランナーに育てたい!>

dj8
経産省の河合情報政策課係長のメッセージ
<日本の食糧を守る活動をe物産でも応援したい!>

dj10
NPO農商工連携サポートセンターの大塚さん

dj11
十勝の「おやせな」応援団長・やまちゅうの
山本社長。

 

dj14
100名分を調理した渡辺シェフ。
「ありがとう!!」

dj41
メンバーのみんなの自慢の産品を使ったメニュー。

dj100
サポートしてくれた中谷さん、古賀さん、岩田さん
助かりました!

dj251
このメンバーとなら、いま起こすべきアクションが
起こせるかも!そう思って取組んできたこの半年。
メンバーのみんなに出逢えたことに心から感謝した
イベントでした。
dj3
今日は、スタート!
これからもよろしく!!BYオウミ